自己破産をしたほうがよい時とは!過払い金がある状態でも

過払い金がある借金でも

借金が理由で自己破産をする人が世の中には意外といます。しかし、その前に借金の金利が適正であったのか、というのは調べた方が良いです。つまりは、過払い金がないのか、ということです。実は意外と結構な過払い金がある人がいます。ですから、まずは弁護士にそのことを相談するとよいでしょう。但し、丸々借金がなくなる程の過払い金というのは、そんなに多くないです。あくまで法定利息を超えた分のみが返還されるだけの話だからです。

自己破産をしたほうがよいと判断

仮に過払い金があったとしてもそれがすべての借金に充てられるわけではないので、どうしても自己破産という選択をしないといけない人もいます。それはそれで仕方ないことですから、弁護士に相談するべきです。自己破産の要件をクリアしているのか、と言うことが重要です。実はそんなに難しいわけではなく、いくらかの駄目な条件もありますが、事業や生活費が理由の借金の場合は大抵は認められますから、そんなに心配することはないです。

自己破産をするデメリットとは

自己破産をすれば、債務がすべて帳消しになるわけですが、問題もあります。それは再度の自己破産は7年間は出来ない、と言う点と更には追加で借金をするのは難しくなります。名前が公示されますし、金融信用情報ががた落ちになります。借金は大抵のところでは断られるようになります。自分の債務がすべて帳消しになる、というメリットから見れば微々たる物ではありますが、デメリットがあるのは理解しておくべきでしょう。よくよく考えて実行するべきです。

自己破産とは裁判所を通して借金の支払い義務を逃れて高価な財産を処分する手続きをし、生活再建を目指す最終手段のことです。