余裕をもって準備したい!相続税に必要な書類の準備

相続品や被相続人に関する書類とは!?

税理士に相続税に関する計算や手続きを依頼するにあたり、事前に用意しておきたい書類があります。すべての書類を揃えるには時間がかかるため、余裕をもって準備するのが無難でしょう。必要な書類として、相続人や被相続人の戸籍謄本が必要です。また住民票も必要な書類なため、あらかじめ取得しておきます。また重要であるのが、被相続人が残した遺言書です。遺言書は、被相続人の意志について書き記した重要な意味を持つ書類なのです。そのため、相続税の計算においてもあらかじめ準備しておきたい書類でしょう。

見落としがないよう注意!不動産関連の書類の準備

相続の対象となることが多いのが、不動産ですね。不動産について正しい相続税の申告を行うため、関連する資料を集める準備が求められます。まず重要であるのが、土地や建物の登記簿謄本です。登記の内容がよくわかる書類です。また土地公図や実測図なども、準備しておきたい書類の一つですね。その他、貸し付けている土地や建物がある場合には、土地建物の賃貸借契約書も事前に揃えておかなければならない書類です。見落としやすいため、注意が必要です。

預貯金や有価証券に関連する書類も必要!

相続人が引き継ぐ財産として、預貯金があります。預貯金の具体的な内容が分かる書類として、口座の残高証明書は、銀行など金融機関から発行してもらいましょう。また財産だけでなく負債に関する書類も用意します。生命保険の支払通知書や、年金の保証書なども準備しておきたい書類の一つです。相続の対象には、有価証券も加わります。被相続人が所有している株式や小切手など、財産的価値ある有価証券に見落としがないかどうかを事前にチェックします。

相続の申告を税理士に相談すると手間を軽減できます。相続の手続きは必要書類も多く煩雑です。節税法のアドバイスが受けられるのも税理士ならではです。