意外に多い!?高校卒業資格の取り方と進路

高校卒業の資格てなに?

一口に高校卒業資格と言っても3年間、普通高校に通う他にもいろいろな方法がありますよね。ではそもそも高校卒業の資格を取ると何を得られるのでしょうか。わかりやすく一言で言うと、「大学の受験資格を得る」ということになります。他にも「高卒から」という採用条件の仕事への応募も可能になりますね。高校卒業の資格を得るということは、すなわち人生の選択肢を広げるということと、同じ意味になることと考えて問題ないでしょう。

取得する方法あれこれ

高校卒業の資格は、読んで字のごとく、「高校を卒業した資格」です。この資格を取る方法として、みなさんご存知「普通高校を卒業する」他、「通信制・定時制の高校を卒業する」、「高卒認定試験に合格する」などがあります。詳しく書くと「高卒認定試験に合格」では『高校卒業資格』そのものがもらえるわけではなく、別名の同じ効力を持つ資格を得ることができます。高校自体を卒業したか、高校卒業と同レベルの知識を持っているか、両者の資格の違いは小さなもので実際同資格として扱われることがほとんどです。

高校卒業資格を取ってから何をしたい?

今の世の中だと、残念ながら「高校を卒業した」資格だけでは、そこまで就職に有利になったりはしません。では、なぜ高卒の資格を得るのでしょう。実は世の中に無数と存在している資格の中には、結構な数「高校卒業以上」じゃないと取れないものがあったりします。更には大学へ行かないと取れないものも多くあります。高校卒業の資格があるということは、次のステップへの架け橋になるということ。通信や定時から高校卒業資格を取得を皮切りに、大学進学、国家資格取得という道へと進んでいる人も数多くいますよ。

高校卒業資格は全日制は3年、通信・定時制では3年以上在籍している事。必履修科目を履修し、各学校が定めた科目を履修して74単位を習得する事で卒業資格が得られます。