介護職員初任者研修を受ければ、介護職員として働く道がひらける!

従来のヘルパー2級資格の相当する資格として登場

介護士や介護施設で高齢者の体に触れて介助をする時には、従来はヘルパー2級と言った資格を取得する必要がありました。ただ、現在はその資格制度が変わり、それに相当する資格として介護職員初任者研修が登場しています。なので、従来のヘルパー2級資格を取得したいと考えていた方は、この介護職員初任者研修修了資格を目指す事になりました。内容に付いてはヘルパー2級資格とほぼ変わらず、受講者の資格の取得率も高くなっています。

介護の初歩的な知識を身に付けることが出来る

そして、介護職員初任者研修では、介護職員として働くための知識や、介護の初歩的な知識を身に付けることが出来る内容となっています。なので、介護業界では一番最初にこの介護職員初任者研修を受けられる方も多いです。また、最近は介護職員が不足していることもあって地方自治体でその取得を推奨していたり、介護施設が取得に関して補助金を出してくれる所もあります。介護業界で働く方が最初に目指すと良い資格となっています。

その資格を取得すると働ける場所

介護職員初任者研修を受ければ、介護職員としての基本知識や技術が身につくので、様々な介護業界で働けます。例えば、ヘルパーの派遣事務所です。ヘルパー2級相当資格なので、その資格を取得すればヘルパーとして働く事も可能です。また、その他には事務所の他に、特別養護老人ホームやデイサービス等の介護施設でも介護士として働くことが可能です。その資格があるだけで一気に働ける介護事業所が多くなる資格なので、介護業界を目指す方はその資格には注目です。

介護職員初任者研修は介護職の入門の資格で、受講し、資格を取得することで介護の知識や技術だけでなく、高齢者との接し方や介護、福祉の考え方も学ぶことができます。